キャッチコピーなど - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

ヘルパーとして
至誠惻怛(しせいそくだつ)
絆創膏
小さな発見
傾聴療法士の研修に行ってきました

カテゴリー

おめでとう
みつを
応援しています
訪問看護ステーション フ
検索エンジンの供給元:

マイブログ

訪問看護ステーション フ

絆創膏


今朝、自分のひどい咳とともにその咳で布団から落ちた猫に叩き起こされました。
猫には休日も関係なく、変わりのない日々です。
一昨日より咳と鼻水に悩まされています。
急に寒くなり、群馬の秋は着々とからっ風のシーズンへと突入です。


人は意図せず、人を傷つけることを発したり、行動したりします。
それが互いが思いあっていても、そういうことはあります。
そちらのほうが傷は深いかも・・・。


先日、そういうことがありました。
その言葉を疑い、頭の中がその言葉でぐるぐるする・・・

そんな時にうちの看護師の一人が言葉をかけてくれました。
その内容は内緒ですが、さりげなくそばに来て、一言だけ・・・

その一言で気持ちがすごく楽になりました。ウソみたいに。
それは、こどものころの絆創膏みたいに、傷を覆って癒やしてくれました。

数日たった今、傷跡は残りましたが、もう大丈夫。
私もいつか絆創膏を誰かに貼ってあげられるといいなぁって思いました。

ちなみにうちの看護師は絆創膏常備しているそうです。
心に効く絆創膏も、用意があるようです。ぴったりサイズが用意されているかは
わかりませんが、ファミリィーでは必須携帯の一つです。こちらで処置に使用することも、ご希望で

小さな発見

 
 先日、会社のホームページに対して電話でご質問がきて、アドレスを案内することがあったのですが、
http://www.famiryi.com/  「famiryのあとにちいさい i をいれてください」とご案内したのですが、そのあと「小さいi」かぁ、と、笑顔になってしてしまいました。

 なぜ私が笑顔になったかというと、「小さい i 」 と 「小さい愛とかけことばのように感じたからです。


よくない?その「小さい愛」って!(今風な疑問口調で、語尾は上げてください)

 「大きな愛」のほうが愛ならいいと思われるかもしれませんが、重く感じるときもありそうです。
一方「小さい愛」なら邪魔にならないように、ぬくもりを互いに感じ、寄り添うように思え、それがステーションのみんなの求めるような姿勢に感じたからです。(そうじゃないよ、って、職員もいるかもしれませんが)。

いいよなぁ、そんな「ちいさい愛」って。

 そんな発見をし、ひとり微笑んでいた、秋の日でした。




傾聴療法士の研修に行ってきました

こんにちはヾ ^_^♪
 
昨日、傾聴療法士の研修に参加してまいりました。 「訪問看護ステーション ファミリィー」のスタッフも参加希望しておりましたが、まずは管理者優先ということで、私が受講してまいりまた。
今後は、月に1回研修参加し、1年後には、準傾聴療法士の認定を受けます。
続けられるよう皆さん応援⊂(^・^)⊃して下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 

認知症緩和ケア(タクティールケア)に体験参加してきました

こんにちは。
昨夕、認知症緩和タクティールケアに体験参加してまいりました。
タクティールケアについてご存知ない方もいらっしゃると思います。
以下、タクティールケアについて、JSCIのホームページに掲載されている内容を抜粋して紹介します。
 
タクティール」という言葉は、「触れる」という意味を持つラテン語の「タクティリス(taktilis)」に由来します。
タクティールケアは、その言葉が示すとおり、相手の身体に柔らかく包み込むように触れるケアです。肌と肌とのコミュニケーションを通して、相手の不安な感情を取り除いたり、痛みを和らげたりする効果があります。
また、ケアを行う側の人物も穏やかで落ち着いた気持ちになれるのがタクティールケアの特徴です。
タクティールケアは、つぼや筋肉を刺激することにより効果を得るマッサージとは違い、優しい接触を継続的に行い、オキシトシンというホルモンの分泌を促すことによって効果を得ます。
オキシトシンは別名安静ホルモンとも呼ばれており、血液を介してオキシトシンが体内に広がることで、ストレスに反応して分泌されるコルチゾールというホルモンのレベルを低下させ、安心感をもたらします。

訪問看護ステーション ファミリィーに来てください

こんにちは。
先日、太田市内の居宅支援事業所の管理者様が突然ファミリィーを訪ねてくださいました。
なんと玄関が散らかし放題。 こんな状況でしたので、私はフリーズです。 その後も頭や気配りが出来ず、事務室に案内することも忘れ、玄関先で対応。 もう、しまったです(T_T)/~~
 
なぜ、玄関が散らかっていたかというと、事務所のレイアウトを変えたので届出が必要かと思い、写真をとっておりました。不要なものはとりあえず玄関に置いてしまったのです。
油断がありました。玄関は顔とも言われるのに、取り返しがつきません。
 
でも、訪ねていらっしゃた管理者様は素晴しいですよね。 自分が連携をするかもしれないと思ったら、相手の状況も見ておきたいと思うのは当然のことと思いました。
築38年の民家であるステーションを訪問してくださる方は、宅配業者様くらいかと決めつけていましたが、これを機に皆さんに来ていただけたらと思いました。
店舗を想像していらっしゃると、近くに来てもわかりにくいので、ステーションの外観を紹介します。
内装のクロスは屋主様と私の協働で貼ったんですよ。(o・・o)/

ファミリー ? ファミリィー ?

こんにちはヾ ^_^♪
前回紹介のTさんへの応援メッセージを投稿してくださる方がいません。
皆さん心では、エールを送っていてくれているのでしょうが…
管理者の普段の行いが悪いせいでしょうか? Tさん、ごめんなさい。 
ところで、わが訪問看護ステーション ファミリィー は、なぜ、「ファミリー」という表記にしなかったのか皆さん思っていますよね。 「ファミリ」ーの方が一般的ですし、検索もしやすいと思います。
答えは、画数で決めました。 印鑑を注文したら、「ファミリー」より「ファミリィー」のほうが長期的に
見ると良いとのアドバイスでした。 あまりこだわらない管理者は「ファミリー」から「ファミリィー」にしたという運びです。 それならばとアドレスもfmailyからfamiryiいう綴りとしてみました。
皆さん検索に苦慮していたらごめんなさいです。
Tさんへの応援メッセージまだまだ間に合います。よろしくお願いします。
 
 
 

訪問看護ステーション ファミリィー

こんにちは。はじめまして。
この度、太田市で訪問看護ステーション ファミリィーを開設することになりました。どうぞよろしくお願いします。
訪問看護ステーション ファミリィーを開設するにあたり、ご協力ご支援いただきました、高崎市の緩和ケア「○○○」さま、太田市の訪問看護ステーション「○○○」さまに深く感謝いたします。本当にありがとうございました。
また、書類面でも苦慮することも多かったですが、関係してくださった皆様の協力があったからファミリィー開設できたと、感謝の気持ちでいっぱいです。
わが訪問看護ステーション ファミリィーは、築37年の民家を借りて開設しました。 開設目的で下見に訪れた時、壁のイメージがマッチせず悩んでんしまいました。 親戚の看護師は「私、クロス貼ったことあるけど、簡単だよ。」と私に言い放ちまして、奮起してクロスを貼りました。 幸い管理人が手伝って下さり、素人でのクロス貼り終了。 ちなみに私がざっくり貼ると、管理人が四隅を丁寧に修繕。ありがたかったです。
てな具合で、手作りの訪問看護ステーション ファミリィーの出来上がりです。
ところで、16日は衆議院選挙でしたね。看護業界、介護業界が少しでも良い方向に向かうことを願うばかりです。